2019年11月13日

変伝処ブログ「1230時事研修会」で覚醒しましょう!


 いつも1230時事研修会のブログを拝読している者です。吉澤さんが、ニュース発信日時、地震の発生時刻及び各都市を結ぶ角度を利用して、発信者の意向(暗号)を読み取り、今起こっている社会現象を公開しています。毎日、公開してくれますので、読むだけでも大変なのですが、その中で芸能ゴシップ記事、事故ニュースの観察、或は御巣鷹山に出かけて、読み解き公開する努力は並大抵のことではありません。勿論、それを真似ることなど出来ません。

 本当に驚くことばかりの記事が公開されています。直接に解説を聞くことも出来ます。先日の9日にも、ほぼ6時間ぶっ通しで解説してくれました。昼食後の私は眠気が催してきてしまい、初めの2時間くらいは居眠りをしながら聴いていたものです。しかし毎度のことですから、お話の内容は凡そ分かります。

 それにしても政治家が国民が信用に値するだけの人間なのかどうか、甚だ疑問が沸いてしまいましたし、国民の怒りは沸点に達しているのではないかと思います。これも本来の民主主義が実現できていないこと、選挙制度の可笑しなシステムの弊害なのではないでしょうか。きっと制度上の裏があり、いつも同じく既得権益層が牛耳るような仕組みが存在するのではないかと思うのです。

 このように疑問を抱いてマスコミが流すニュースなどを見ていただきたいのです。疑問を持つことを忘れた人は、洗脳されるばかりです。批判精神を削がれ、考えることがまったく出来なくなります。このように私達日本人にとり、本当に不必要なことばかり、特にゲイNOニュースは、誰も欲していませんし、これは日本人を劣化させるための報道だと見え見えなものばかりです。

 同様に政治家を愚弄する国民が増え、政治を諦めるような雰囲気を作るための仕掛けがあり、挙句は、そのような政治家を選挙で選んだ国民に責任があるのだとばかり、テレビ芸者の評論家(一部の方を除き)は、物知り顔で忖度している始末です。社会の劣化は総て政治の責任です。その責任があると弁解する安倍首相は、責任を取ったことはありません。このデタラメを追求するメディアは殆ど皆無、本当に気持ちの悪い社会になっています。

 で、それを解決するには目覚めが必要だということです。いつも眠っているばかりでは、権力者の都合のいいようにされてしまいます。主権者は国民です。飾りを拝むのはお門違いです。本来の民主主義を取り戻すためにも変伝処ブログ「1230時事研修会」で覚醒しましょう!
http://1230jijiken.com/

 今日は浦和会場の講習会に出かけたのですが、会場までの往復の遊歩道のしっとりとした枯れ葉が、冬の到来を知らせていました。

DSC_6023.JPG















posted by toshi at 18:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

早起きは、三文の得


 彫刻家のS.K.さんに頂いたチケットを無駄にするのは勿体無い。そこで漸く日曜日の今日、天気の関係で延期された天皇陛下の即位パレードの日に重なってしまいましたが、正倉院の世界ー皇室がまもり伝えた美ー東京国立博物館で開催中の皇室の宝を見学して来ました。実はチケットを二枚頂いたのです。それで一人ではもったいないと思い、連れを伴って見学することにしました。

 そのため同道する者に合わせて選んだ日が今日だったというわけです。姪と姪の娘二人(中学生と小学生)を伴って会場に着いたのは、午前9時でした。既に入場できる時間となっていましたが、見学者が多数でしたので係員の指導に従って4列縦隊で並び入場を待ちました。10分ほどすると入場できました。早朝に出かけてきた甲斐がありました。

 また館内は撮影禁止でしたので殆ど映像はありません。しかし最後の第6章「宝をまもる」の出口近くに展示、掲示されていたものはフラッシュ無しでの撮影は可能でしたので、3コマ撮りました。森鴎外の短歌と模造 螺鈿紫檀五絃琵琶と模造 螺鈿紫檀阮咸です。

 私達が見学を終えて、次の目的地に向かうために会場を出たのですが、写真のように待ち時間40分と掲示に出ていました。
やはり “早起きは三文の得” と言う通りですね。また塵芥そのものに見える布地の残欠でも一つずつ丁寧に紡いでゆくと見ごたえのある宝物になるのです。此処まで繋いで来れた往時の人々の苦労が偲ばれますし、布の切れ端一つから、時代の芸術、技術が読み取れるのですね。往時が今に繋がっていることを強く感じる展示会に感謝です。


 (40分待ちの行列)
DSC_6013.JPG


 (森鴎外の短歌と模造 螺鈿紫檀五絃琵琶)
DSCPDC_0000_BURST20191110105542579.JPG_20191110_172204.JPG


 (模造 螺鈿紫檀阮咸)
DSC_6006.JPG




















posted by toshi at 18:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

美味しかった「手賀沼そば」


今朝の自宅付近の外気温は摂氏8度で寒かったものの、昼頃にはポカポカ陽気で暑く感じるくらいでした。木曜日の今日は茨城の現場打合せに先だち、昨日訪問を約束しておいた柏のH.Sさん宅を午前中に訪問しました。用件は、先月末にお預かりしたH.Sさんの現役時代の「H.S某事務局日記」の写しの返却でした。

先月の訪問時には雨でしたので近所の様子をよく見ることが出来ませんでした。しかし今日は近所の公園脇に車を止め、相棒に車内で待機してもらっていたお陰で、ご自宅まで歩いて行けたため、周辺がよく見えました。ただ、この車の時代には、幅員4Mの道路は狭すぎます。そこで公園脇に停めざるを得ませんでした。

ドアホンを押すと、ハイと元気な声が聞こえたと思うと、H.Sさんが玄関ドアを開けて迎えてくれました。そこで前回のお話を伺った机の前に立ち、用件を手短に告げるべく日記の返却を確認して頂きました。それから前回お話を聞いた植物に関する研究に関して、この11月2日に生命科学部長のW教授にお伝えしたことを報告。今後、お互いに交流を持って頂きたいことをお願いしました。勿論、大先輩のH.Sさんです。前向きに考えているとのお話でした。

今後の展開が楽しみです。

この場を後にして、現場へ向かいました。途中、「道の駅 しょうなん」に立ち寄りましたが、定例打合せには、まだ時間は十分にありました。そこで初めはトイレ休憩の積もりだったのですが、農産物直売所を一通り眺めて、そして手賀沼を眺めて、さー帰ろうかと回り道をすると、野菜レストランがありました。時計を見ると11時30分を回っていましたので、ここで昼食を摂っていくことにして、店内に入ると、パッと明るい雰囲気になり、入って良かった。

DSC_5974.JPG

DSC_5979.JPG


野菜レストランの名に恥じない、素晴らしいお店でした。手賀沼を眺めながら、野菜のバイキングと「手賀沼そば」を注文しました。相棒は◯◯トンカツでしたが、こちらが当たりでした。地域で取れた野菜がたっぷりの蕎麦は、本当に旨かったです。野菜サラダが自由に食べられ、昼時になると店内は賑わって来ました。外のテーブルで犬を連れたお客様もおり、長閑な光景でした。

DSC_5977.JPG


たまには、このような雰囲気のお店でゆっくりと過ごしたいものです。


[ここに地図が表示されます]






























posted by toshi at 23:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

10・27 “林 千勝さん講演会”

 
 FACE BOOKより転載


☆ 10月の講演会のお知らせ ☆

実りの秋、季節も講演もさわやかに !

● 日 時:10月27日(日)14時00分〜16時30分

● 場 所:つきみ野学習センター203集会室
       (東急田園都市線つきみ野駅徒歩5分)
        神奈川県大和市つきみ野5−3−5
      https://www.yamato-future.jp/tsukimino/

● 演 題:「日米戦争を策謀したのは誰だ!
  〜ロックフェラー、ルーズベルト、近衛文麿そしてフーバーは〜」

● 主 催 :大和正論の会 代表 黒沢敬知
       電話 090-9130-8621
       メール t-96chan@i.softbank.jp

● 参加費:1,000円 (女性・学生500円)


FB_IMG_1572068771842.jpg
 (写真はロスチャイルド邸)




















posted by toshi at 15:07| 埼玉 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

台風19号の爪痕


今日は鶴ヶ島方面に行ったので、先日の台風19号で被災した老人ホームが近くにあったはずだと思い出し、そこに行ってみました。今日も雨が降っていましたが、訪ねた頃には上がっていました。しかし路面は濡れており、足元は泥んこ。被災現場まで近づくのは、失礼な思いもあり、遠くで眺めていましたが、浸水した家財が建物際に山積みとなっており、またまだ片付けが終わらず、大変忙しいところでした。本当に辛いことと思います。

DSC_5842.JPG


平屋の施設の傍は水田でしたし、鉄筋コンクリート3階建ての施設は、より高台に有りますが、こちらも1階は冠水したと、通りかかった人から聞きました。そのため今後、どうしたらよいか対策を考えなくてはと、悩みを持ちながら職員一同頑張っていると仰っていました。

DSC_5845.JPG

平屋の施設脇の道路にはパトライトのような灯りが点滅しており、非常事態であることがわかります。じめじめした足元の悪い中で頑張っている人達がいます。本当に有り難いことです。また帰り道に田んぼ道を通り、帰りましたが、某工場の窓ガラスがすべて割れていました。ブルーシートで覆った建物もありました。工場の再稼働も出来ず、先ずは建物修理からでしょう。本当に被災すると大変なものだということがわかります。

ハザードマップがあるのですから、安全な場所もわかるはずです。低地は特に危険な場所ですから、普段から安全な避難場所が何処にあるか頭に入れておきたいものです。また施設に限らず、建て売り住宅等の建設を低地に建てることを控えるような施策が出来ないものでしょうか。特に老人施設などは水田地帯に建てられる場合が多いですから、気を付けたいものです。

一気に多量の雨が降ると河川は捌けきれません。当たり前のことですが、自然の摂理で河川は氾濫します。取り締まる行政にも限界がありますので、施設建設時やマイホーム取得時には、このような災害がないかどうかを教えてもらうことが必要ですね。不動産取引などにある重要事項説明で開示してもらう手立てがないものでしょうか。

武蔵小杉の高層マンションなど停電と下階の冠水で下水が使えないなどという、想定外(?)の事故があちらこちらに出ています。本下水、小学校、中学校など開発者に負担をしてもらっても、間に合わなくていたちごっこです。建設開発と行政サイドのインフラ整備のアンバランスを明らかにした台風19号でした。

一日も早い復興を願っています。









posted by toshi at 22:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

転載 「JAPAN TODAY 2019年8,9月号」


 JAPAN TODAY 2019年8,9月号です。
今朝、発行責任者の村井実氏の承諾を得ましたので転載いたします。新聞記者としての経験を元に、現代政治の真相を伝える村井さんは、自らこのような新聞を発行しています。また記事を読んでいただけば分かりますが、辛口評論に見えます。しかし内容は至って当然のことと仰っていると思います。

JAPAN TODAY(2019年8,9月号)-001.jpg


 私達が普段、目にするマスメディアの報道、記事には偏りがあることはお分かりだと思います。広告会社の意向を忖度しているために、その広告会社を批判する記事は載せるわけにいかず、ですから伝えたいことしか伝えない偏りがあるのです。つまり不都合なものは伝えないのです。それで私達は正反対の記事も、同調する記事もよく目を凝らして、見たり、読んだりしなければならないのです。

JAPAN TODAY(2019年8,9月号)-002.jpg


 「文章の行間を読む」と言いますが、文字ばかり、絵ばかりを見て、読んだ気になってしまいやすい欠点があります。鵜呑み度70%といわれる日本人は、途上国並みだそうです。これは途上国を蔑んだ言葉になってしまいますが、正しい情報が行き渡らないだけであります。途上国で物がなくても正しい情報が伝わってさえおれば国民は豊かな気持ちになれます。

JAPAN TODAY(2019年8,9月号)-003.jpg


 反対に先進国で物が溢れていても真実が知れず、嘘ばかりの情報が蔓延していれば国民は精神的に不安になり、国を信頼できなくなってしまいます。選挙制度が形式上のものとなり、いつも似たり寄ったりの議員ばかり交代して出てきても、国民市民の思いが実現しない政治が罷り通ってしまうのであれば、益々疑心暗鬼に陥り、国民の政治離れが酷くなります。これでは元も子もありません。

 こうならないためにも、どうぞ JAPAN TODAY をお読みください。発行所は新聞記事の中に掲載されていますので、記事をご覧下さい。

JAPAN TODAY(2019年8,9月号)-004.jpg


















posted by toshi at 10:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

台風一過の富士山

  
作詞=厳谷小波 (文部省唱歌)

1 あたまを雲(くも)の 上に出し
    四方(しほう)の山を 見おろして
  かみなりさまを 下に聞く
    富士(ふじ)は 日本一の山
 
2 青空(あおぞら)高く そびえたち
    からだに雪の 着物(きもの)着て
  かすみのすそを 遠くひく
    富士は 日本一の山
 


 に歌う富士山が昨日の台風一過の後は、一段とくっきり見えました。

 (遠方の富士山)
DSC_5811.JPG

DSC_5808.JPG


 しかし周辺の低地は水浸し。テレビ報道による台風情報では、
「自分の命は自分で守れ!」・・・当たり前のことを訴えていました。
 一方で自治体の防災無線では避難地域の方は避難してくださいと
連呼していました。
 しかし、豪雨と暴風の中を避難所まで行くのはしんどいことです。

 (冠水した参道)
DSC_5803.JPG


 12日の晩は、この台風進路の予測をネットで調べながら過ごしましたが、暴風はあったものの報道されたほどの長い時間はかかっておらず、これは雨台風なのだと勝手に納得していました。そこでいつも気になっている、吉澤稠さんの「1230時事研修会」のブログを見ていました。http://1230jijiken.com/

 すると、この台風19号は、なんと狙いがあって進路を選んでいるんだ・・・と理解し、いつの間にか眠ってしまいました。

 過去に人工地震、気象兵器に関する記事が紹介されていたにも拘わらず、忘れてしまい、何時までもマスメディアの報道を鵜呑みにしていると真実を知ることは出来ません。
 怖いもの、臭いものに蓋をせず、逐一真実を知ろうとする気概が必要ですね。




















 
posted by toshi at 10:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする