2018年06月17日

アジアに平和をつくる集い


盧構橋事件81周年 
「明治150年」徹底批判!

侵略と植民地支配の歴史を直視し、
アジアに平和をつくる集い
 
のチラシを何処でもらったのか定かではないが、
リュックの中から出て来ました。

 7月4日のことですから、まだ間に合います。興味のある方は、是非お出掛け下さい。攻撃されたら応戦できる普通の国、それが戦争のできる国というものと考えれば、それも(自衛権の範囲で限定的には)有りとは思いますが、過去の事実を無いことにして、無かったのだと主張するのも如何なものかと思います。先ずは平和を如何に守るかということにエネルギーを使ってもらいたいものです。

 それよりも専守防衛と言いつつ米国頼りの自衛隊を、更に下請け的に使うことになっている現実を直視して頂きたいものです。

20180705「明治150年」徹底批判!チラシ.jpg



























posted by toshi at 09:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

素晴らしかった生演奏


 昨晩、弦楽デュオによる音楽 
〜バイオリンとヴィオラ〜 を楽しみました。
マーカス・プラッチ(バイオリン)、ブルハルト・マイス(ヴィオラ、バイオリン)の素晴らしい合奏を楽しむハズだったのですが、水道橋駅から、会場の九段教会まで歩いたことが祟ったのか、急阪を登ったことで汗ばみ、程よい会場の空気に包まれ、初めの頃は心地よく居眠りが出てしまいました。演奏が終わった(?)拍手で目覚めたくらいでした。しかし息の合った二人の生演奏は素晴らしかったです。


 (急な もちのき坂)
DSC_2496.JPG

 (マーカス・プラッチ(左)さんとブルクハルト・マイスさん)
DSC_2505.JPG


 ところでファッションは人それぞれに楽しめるから良いとして、ファシズム独裁体制は国家を一部の者たちが牛耳ることであり、その他一同は奴隷に等しい社会になってしまう。そんな国家を民主義国家、法治国家を名乗る先進国では決して容認されるものではありません。しかし、それが今、現実にその方向に向かっているというのだから、そら恐ろしいことになっています。

 3.11東日本大震災の津波によって福一事故が起こったにも拘わらず、原発再稼働を続ける政府、それに呼応するような原発再稼働を求める県議会決議があったりと、国民の生命財産を守る憲法を蔑ろにする政策が続けられています。大企業の内部留保資金は膨大な額に膨れ上がり、国民の収入は下がり、金融資産は食いつぶされています。

 国民がもう我慢ならないと声を上げ、アベ政権に異議を唱えても、当の本人は上の空、馬耳東風、6・10国会正門前大行動には雨の中にも拘わらず、大挙繰り出しましたが警視庁機動隊が車両繰り出し交通を守るとの理由で国民大行動を阻止(護る?)していました。機動隊員一人一人の考えは、アベ政権の政策が間違った方向にあると思ったにしても明日の食事のために仕事として割り切り、国民の声を遮る仕事についているのではないでしょうか。

DSC_2478.JPG

DSC_2479.JPG


 このように政府が国民を縛る政策を続けていますが、これを許しているのは私たち普通の人々なのです。本来、職業選択の自由を補償しているように、人それぞれの考え方にも自由が保障されているのです。職場を守るために使わず、社会を善くすることに使うべきではないでしょうか。ですから職場内では是々非々の議論があって然るべきだし、あらゆる組織には、その存在意義があることを認め、個人が社会に迷惑をかけない限り、自由に発言し、行動できる社会を保障することが必要です。

 我が日本国憲法は、それを保障しているのですから、なんの恥もありません。

 今朝、届いたメッセージに添付されていた大事な言葉を転載します。ファシズムは、私たち日本人の目指すことではありません。
決して容認することは出来ません。


 (ホロコースト記念館にも展示されている、政治学者ローレンス・
ブリット氏による「ファシズム(独裁恐怖政治)の14の初期兆候」)

がく写真.jpg
























posted by toshi at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

文庫カフェにて


DSC_2467.JPG


 昨晩の文庫カフェの講師は苫米地英人さんでした。数学のアルゴリズム、ハッシュ関数を使いトランザクションを暗号化して安全性を保つブロックチェーンがあるというのですが、一度や二度聴いたくらいでは理解できない大変難しいということが分かりました。

 しかし今、日本ではビットコインビットコインが値上がりしたとか値下がりしたと一喜一憂しております。そこでいくら儲けたとか損したとか言っていますが、これはコンピューター上に数字が書かれているだけで金額表示ではないというのです。一方、この取引記録が延々と繋がっているのがブロックチェーンだといいます。

 分かったようで分からないというのが本音のところですが、毎日盛んにネットやテレビでビットコイン報道がなされています。こうなると仮想通貨とは一体なんだろうと興味が湧くのも当然のことです。そこで興味を持ちつつ今回の “グローバルマネーと仮想通貨” のお話を聴いたのですが、確かにこれをきちんと理解している人は本当に少ないようなのです。

 ところで仮想通貨取引所は今、国内で16社あります。しかしこの元々届け出制だったものが、何故か行政指導の下に認可制のような取り扱いが行われてるそうです。そして金融庁と経産省の理解が異なっているようなのです。

 金融庁は金融商品として扱い、世界で一番早く資金決済法を作りました。本来、法定通貨に代わるものとして送金手段として、かつ便利で価値を持つ利点を活かせるものだった筈なのに、儲けた人には一時所得として申告するようにしました。

 その結果、今年の億り人は331人だったそうです。これらの方は相当に儲けた人なのでしょうが、もっと多くの人がいたのではないかと仰っていました。仮想通貨はExchangeすることで通貨としての便利さを享受できるのですが、日本人にはいまいち理解が足りないようです。仮想通貨を購入し儲かったら円に変えるということは、投資か投機のような考え方なのですから。

 仮想通貨取引所のコインチェックの保管してあったNEMコインが盗まれたという事件がありましたが、これはブロックチェーンを使っていなかったからだそうです。なおその他の15社もブロックチェーンは使っておらず、本来はエンドユーザーの立場なのに仮想通貨を理解していない人たちが多い中でディーラーの役回りが出来ていたということが真相らしいです。

 エンドユーザーの方はウォレットを持ちますが、その者がディーラーとして更にユーザーを集った場合には、その参加者であるユーザーにはウォレットを持たせないというカラクリがあり、これは中国で盛んになったオフチェーンソフトを使って管理しているというのです。

 現在、おかしな現象が進行しています。本来届け出制で始まった取扱い所が、消費者保護を理由として、取扱い所を監査対象となっているのです。こうなると天下り先を作るためにやっていることなのでしょうか? 
 
 それで数社が廃業に追い込まれるそうなのです。お役所の命令に従わないからでしょうか、或いはこれまで儲けさせてきたのだから、そろそろ譲れと圧力でもあったのでしょうか?

 何れにしても米国やEUではICOが盛んになっている中で、我が国ではICOは認めないという時代錯誤があり、日本は此れを潰したといいます。

 これは日本政府自体の仮想通貨に対する理解が相当に遅れているという現実ではないでしょうか? 
1600ともそれ以上とも言われる仮想通貨の存在を総て無にすることは出来ないと思います。

 最後にオルテガの言葉が紹介されました。
“法定通貨が一つだとインフレになるので複数の通貨があるほうが良い” 

 仮想通貨は未来の通貨であり、GDPが3%上昇すると予測されているそうです。法定通貨にはコストがかかり過ぎるため、今後はデジタル通貨の時代が来るのではないでしょうか? 

 それを誘導するためにデジタル通貨に金利付与というメリットを与えることも考えられます。いま金融資本主義が大きな壁に突き当たっていますが、否応なく変わっていくことは間違いないようです。





















 

















 

posted by toshi at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

6月9日(土)開催 「1230時事研修会 in 四谷」


@0606米国大使館HPをみたら
Go for Goldキャンペーン何、!http://1230jijiken.com/4522


 このような記事を目にしても、一体何の事やらとさっぱりわからないのではないでしょうか? それを暗号を読み解き解説してくれる方がおります。開講は土曜日の午後です。是非、聴講に出掛けてみてください。

 ニュース報道を見ても聞いても、ズバリ報道を信じてしまうことに慣れてしまった私たちは、アメフット問題などを観れば明らかにやり過ぎだとは思いますが、それでも洪水のようなニュース情報を受け入れてしまいます。

 一つ一つ検証することもなく、また検証する術もなく影響を受けているのです。これでは餌付けされた動物に等しいのですが抵抗することもなく毎日を過ごしている現実があります。

 このように無為に過ごすことを止めるにはどうしたらよいのでしょうか? それを解決する一つの方法があります。1230時事研修会でお話を聴いてみることです。一度や二度ではシンジラレナイと思うのが落ちかもしれませんが、何度か聴いているうちに感覚的に理解していくのではないでしょうか。

 何事も続けることが成功への近道です。そう洪水のような報道が繰り返されている根拠と同じなのです。マスコミには出来れば公平公正な報道を心がけて頂きたいものですが、それは机上の空論というもので、この社会は大人の世界ですから、教えられた事がそのまま活かされていると思うほうが甘いと謂われる所以です。






































posted by toshi at 09:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

元公安調査庁調査官の西道弘さんが伝えること


西さんの講演を是非、聴講したいと思っていたのですが、叶わず動画のアップを待つことにしていたのですが、失念して今になってしまいました。

1-2【基調講演】
元公安調査庁調査官・西 道弘氏講演
(第105回草の実アカデミー) 2018.05.19

























posted by toshi at 10:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

ウソだらけの政治を変える国民大行動


6.10国会前大行動(ウソだらけの政治を、変えよう。).JPG


 ウソだらけの政治を、変えよう。

 大きな見出しのある一面広告のページを義兄が広げて見せてくれた。一年ほど前に某洗脳新聞から、東京新聞に変えてもらった効果が出て来た。その広告には、安倍政権の退陣を要求する
6.10 国会前大行動
と大きな白抜き文字が躍っていた。

 このような国民大行動で退陣要求されるほど、この安倍内閣は国益を毀損し、国民を蔑ろにする法案を次々に強行成立させてきた。これまでの自民党政権ができなかった壁を易々と破り、米国隷属の政策を進めている。

その下心には今に見ていろ、原発を再稼働しプルトニウムを溜め込み、きっと核兵器を作ってやるぞという、日本帝国主義(軍国主義)の復活を狙っているのではあるまいか?

 こんな危険なアベ政権は一日も早く総退陣してもらいたいものです。
是非、6.10 国会前大行動に集いましょう!





















posted by toshi at 15:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

6・6(水)オールジャパン総決起集会 in 憲政記念館

6・6オールジャパン総決起集会チラシ@.jpg6・6オールジャパン総決起集会チラシA.jpg

アベ政権は、一体いつまでやるのか? この国の政治を諦めさせるには、アベ政権が続くのが最も効果的なのかも知れませんが、もう国民の我慢も限界に来ています。

一日も早く退陣し国民の市民の政権を樹立しなければ手遅れになってしまいます。チラシの顔写真を見て頂きたい。皆さん正々堂々と国民のための政治を語れる人ばかりです。アベ政権はやること為すこと、非国民的なことばかりです。

有権者も本気で選挙に望み、自分達国民のために政治をやる人間を選ぶことが必要です。それには多士済々のご意見を聞き選挙に臨まねばなりません。そのためにも是非、時間を取ってオールジャパン総決起集会に集いましょう!























posted by toshi at 22:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする