2017年04月14日

9年前の悪夢が


(サンセット)
DSC_6513.JPG

(サンライズ)
DSC_6518.JPG


9年前の悪夢が戻ってきたが、二度目の症状なので冷静そのもの。しかしボタボタ落ちる鮮血に少しは驚きを隠し得なかった。早速に119番通報を頼み待機した。5分もすると救急車はやってきた。そこで簡単に処置方法に従い深夜の病院へ駆けつけた。

病院に着き救急外来の担当医に診てもらう頃には、治まっているように鼻出血は、止まっていた。そのため帰宅することになった。だが帰宅すると、また先ほど以上に鮮血が鼻から、口から次々と出る。如何に冷静に振る舞っていても、過去の経験がよみがえってきて、また痛い思いをするのかと不安になった。

もう一度、救急車を呼ぶと先ほどの救急車が来てくれた。血を吐いているため受け皿を抱えながら病院までたどり着いたものの、担当医は診療中で30分程待たされる。この受け皿を持って口内に流れる鮮血を吐きながらの30分は大変長く感じた。

しかも担当医は耳鼻科の医師ではなかった。これ以上の処置はできない。耳鼻科の先生に連絡してきてもらうことになった。約1時間して耳鼻科の医師に診てもらう。前回同様にガーゼをぐいぐい両穴に突っ込まれて、その都度痛みはしんどいが、これは我慢するしかない。

口呼吸となり、暫くの養生をすれば元通りに回復出来ることがわかってはいるのだが、問題はガーゼを抜くタイミングがポイントである。この日がいつになるのか?
それは私が決めたいと思っている。スッポリとガーゼが抜けるような感覚を覚えた時にやってもらいたい。

そんなこんなで進学、進級の日の深夜に突然起こったドタバタ劇だったのですが、血を見るだけで、恐ろしいと感じていた時もあった者にも、今ではだいぶ度胸のようなものがついた気がいたします。

食習慣と運動が大事だと言われながらも、なかなかそうはしていられない現実があります。このようなことが3度もないように注意したいと思います。

(夕食:美味しいです)
DSC_6512.JPG









posted by toshi at 07:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする