2017年05月31日

国を動かしてるのは資本家!!


 この地べたを覆った花はなんという名前か知りませんが、植栽スペースを陣取って咲いています。元気をもらったような気がします。今朝、訪問した福祉施設の隅っこにあります。植えられた場所で咲く植物は動くことができないため花粉を飛ばします、或いは肢を伸ばします。
自然は生き抜く術を心得ているんですね。

DSC_6740.JPG


 このように草花が何処にでも息づいているのですから、私たち人間も負けずに強く生き抜きたいものです。しかし最近は電車がよく止まります。人身事故と報道されて、かつテロップも流れます。またかと思いつつ憂鬱になります。

 現在の安倍政権は、アベノミクスの三本の矢と言って、異次元の金融緩和とやらを遣りました。金融業界にだけカネが流れました。しかし私たちの暮らしは一向に良くなりません。しかも株価を維持するために年金資金の4分の1を注ぎ込んでいるのですから何とか株価は維持できているのです。しかし損失が出ると税金で負担することになり、結局は国民の負担となります。実際には金持ちを儲けさせるために講じた緩和措置だったのです。

 このような状況にも拘わらず、アベノミクスは成功だと思いますか、或いは問題があると思いますか・・・と先日、竹中平蔵元総務大臣は質問しました。これには80%以上の人が問題ありと答えました。

 しかし竹中氏は平然と続けました。アベノミクスが成功したと答える人もいます、反対に問題ありと答える人もいます。民主主義社会ではどちらの意見もあるのです、とその場の空気を和らげる。否、空気に呑まれないで自己主張を続けていけるのです。流石に竹中は上手い!逃げ方は天下一品だ。小泉政権で新自由主義を信奉していたのかいないのか分かりませんが、所謂、勝ち組に与していたのでしょうか? それとも反省の言葉を知らないのでしょうか?

 質問した答えに問題ありが圧倒している中でも平然としていました。

 このような政治屋が罷り通っている国会では酷すぎます、恥ずかしいです。
“高橋清隆の文書館” の5月29日の記事をご覧ください。

「国を動かしてるのは資本家」と太郎氏             新橋街頭
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1930055.html

 山本太郎さんが新橋駅西口のSL前で訴えています。政治家は皆さんのことなど、眼中にないということ。はっきり言って、部品くらいに考えていると。全部が全部ではないにしても真面な議員は少ないのでしょう。だからこそ議員がなすべきことは沢山あります。勿論、有権者国民にもなすべきことはたくさんあります。しかし選挙に行かない、政治に無関心でいる限り、益々、政治が一握りの者たちによって牛耳られてしまいます。

 団結しなくてもいいから、政治家に国民を縛る法律を作らせないために考えることが必要です。手遅れになる前にやるべきことが沢山あります。マスコミ報道で真実が伝わっていないことは確かですから、テレビのつまらない番組は見ないことにしましょう。そして家族と、友達と、政治を話題にして語り合って頂きたいと思います。


















posted by toshi at 17:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

5月恒例のウォークラリー


今日は毎年恒例となっているウォークラリーに参加しました。一ケ月前に退院したばかりだったので参加は無理だろうと考えていましたが、既に通常の状態に戻ってきたので参加を申し込んだのです。

また今日は晴れはしましたが、特に暑くて我慢できないほどの天気ではなかったので学生に負けずに楽しく歩くことが出来ました。上野の国立西洋美術館の常設展を見学しました。常設展の入場料は学生は無料、また65歳以上の人も無料でしたので、みんな無料で見学が出来ました。

 (スタート地点となった富士見ゲート)
DSC_6690.JPG

 (国立西洋美術館内で)
DSC_6691.JPG

 (同上)
DSC_6692.JPG


西洋美術館を見学した後に日暮里駅まで電車で移動して朝倉彫塑館、幸田露伴居宅跡を回りました。朝倉彫塑館内は撮影禁止のため小村寿太郎と大熊重信の大きなものが紹介出来ませんが本当に大きなものです。

 (朝倉彫塑館)
DSC_6698.JPG

(導入ゼミで早速、渡辺先生の話を聞く新入生に課題が出た?)
DSC_6701.JPG

 (幸田露伴居宅跡)
DSC_6703.JPG


この後、院生と引率の先生とOBの私は、どういう訳か氷密(ひみつ)堂でかき氷を食べることになりました。店に行くと店先にはお客さんがずらっと並んでいました。店員から一時間ほど待つようだと聞きましたが待つことになり、店先に並びました。

しかし待った甲斐がありました。かき氷は900円でしたがメニューも豊富にあり、どんな味だか訊いてから注文しました。闇かき氷(?)というメニューだったと思いますが、うっすらと黒ずんだかき氷の中にフルーツゼリーが入っていて、とても奇妙ですが美味しかったです。

 (ひみつ堂のかき氷)
DSC_6714.JPG

 (同上)
DSC_6717.JPG


かき氷を食べると頭が冷えるか、お腹が冷たくなり、腹痛でも起こるかと心配はありましたが、このかき氷は、まったく違いました。日光の天然氷を使っているのとかき氷を作る機械の歯を頻繁に取り換えていると聞きましたが、流石だと思います。店先を見るだけではわかりませんが、中に入って吃驚しました。なんと40人は入れます。そこが満杯で、隣の建物も使っている。繁盛しているのは間違いなし。

ウォークラリーが終わり、岡倉天心宅跡地公園向の“HAGISO”で2チーム合同の懇親会となりました。アパートを再利用した建物でアート展示は四畳半二間続きと奥の四畳半、昔ならば取り壊して、新しく建て替えてしまったであろうが、今は違う。気楽に楽しく古さを活かし、使う。自然で気儘なスタイル然として使いこなしている。少し気取った使い方だが、これも時代のなせる業なのか?

 (懇親会場となったHAGISO)
DSC_6724.JPG


今日、ウォークラリーに参加した学生が社会で活躍する頃には、どんな使い方に変わるのでしょうか、楽しみです。





















posted by toshi at 22:36| 埼玉 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

9・3(日)沖縄の闘いを支援する講演と映画のつどい          (於:埼玉会館大ホール)


 沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが不当弾圧を打ち破る辺野古・高江の闘いを報告します。沖縄問題は沖縄だけに押し付けて済ませる問題ではありませんし、民主主義も天から与えられるものでもありません。

 私たちの日々の暮らしは、政治権力が決める政策、作る法律によって縛られていますし、しかも権力が必ず正しいということは保障の限りではないのです。また国民が選んだ議員で構成する議員内閣制を採る日本の現状を見ても権力が必ずしも正しい政治、正しく法律を作っているとは素直の受け入れられないと思います。
ですから常に主権者国民が権力を監視する必要があるのです。

 現在の方向は真逆に進んでいくように感じますが如何ですか?
これまで他人任せで自分だけの幸福を追求してきた付けが此処に現われてきたのではないかと思います。皆が其々我儘勝手な方向に生きている社会は狡賢い権力者にとっては本当に都合がいい状態になっていたと思うのです。権力者は複雑怪奇な言葉を使い、或いは簡単明瞭な言葉を使い分けます。これらの言葉や文字に目を凝らしていても何も見えません。恣意的に真相を隠し国民の関心を逸らすために工夫が凝らされているからです。

 国民が知りたいことは知らせず、国民に知らせたいものだけを知らせる。そのツールがテレビなのです。ですからテレビが流すものを真に受けていると、トンでもないことになるのは間違いありません。そのためには、常にそのような情報に騙されないように批判的な目を養っておかなければなりません。情報の洪水に流され、この溢れる情報の一部を摘みに酒を飲みマンネリ化した生活は避けたいものです。

 しかしまだ望みはあります。諦めることはありません。
沖縄問題を知り、自分に何が出来るか、何をしなければならないかを考える切っ掛けが見つかると思います。

 是非、9月3日(日)には埼玉会館へお出かけください。
 詳細はチラシをご覧ください。 

 (チラシ)

-29999936.800152381495700217497.JavaMail_20170525172351.jpg












posted by toshi at 12:04| 埼玉 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする