2017年01月07日

ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナさんの演説動画を観て


 ANIMATOさんがYOU TUBEにアップした動画です。

 愛国心という言葉の取扱いには、いろいろ問題を生じやすいデリケートな点がありますが、長い間植民地だった国の国民からすれば、一日もはやく独立を願う気持ちが強かったに違いありません。

 第二次大戦後のサンフランシスコ講和会議の席で日本が4分割されるところを救ったのが、当時スリランカ(セイロン)代表のジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナさんが、1951年(昭和26年)9月6日午前11時に行った演説だったというのです。

 愛国心は権力(教育、法律など)によって強要するものではなく、自然と芽生え人類に共通する普遍的なものではないかと思ってい者なので、この動画をアップした真意は分かりませんが、歴史の評価は良い面ばかり見ても悪い面ばかり見てもならないと思う者として転載いたします。ご興味のある方は、ご覧ください。

 このように大事な場面で実行できる素晴らしい人の存在を知ることができます。


「分割占領から日本を救え!」日本の皇太子のお召し艦を見に行った少年「愛」の演説【皇室・天皇】日本とスリランカの「歴史的な絆」【海外が感動する日本の力】


















posted by toshi at 13:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1月21日(土)講演「共謀罪法案に騙されないために」(草の実アカデミー(第二言論サミット))
http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/121-e493.html
Posted by at 2017年01月07日 17:17
アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」(Pars Today)
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i24268
Posted by at 2017年01月10日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: