2017年05月11日

5・14(日)平野貞夫さん講演会


 強行採決を乱発する安倍政権がテロ等準備罪法案(共謀罪法案)を成立させることは危険だと思いますが、国会議員も十分な審議を尽くせないままで学芸会まがいの国会審議の様子を見せられていると、これは選挙時の公認権を握られ保身に走るだけ(頭数だけ)の議員であり、また国民目線で眺めると学者たちも戦い抜く覚悟が足りないようにさえ見えてしまいます。

 これまで集団的自衛権行使容認、特定秘密保護法など安倍政権は閣議決定を繰り返し、傍目には強引に法案を成立させてきました。議員たちは本音で成立させたのではありません。私の責任ではありませんと内心では考えていて数の力には勝てないのですと責任逃れの態度で居るのではないでしょうか?

 そのため仕掛けられたカラクリに乗ってしまったことさえ気づかずに、或いは気づいていてもこれ以上の抵抗は出来ないと諦めてしまい、次々に繰り出される法案を慎重に考えることもなく、官僚の法案に入れこんだ工作も読めずに専門委員会所属の議員が考えてくれているだろう!・・・と他人任せの議員も多く存在するのではないかと思うのです。

 ですから是までなら成立することが困難だった危険な法案と謂えども、このように簡単に成立させることが出来てしまうのです。しかしどんなに危険な法案でも成立してしまうと、その法律が適用されてしまいます。それに従わなければならないのです。こんな理不尽なことでいいはずはありません。

 では何故、このような国会に、社会になってしまったのでしょうか?

 その点、長く衆議院事務局で国会運営に携わってきた平野さんならではの見解が伺えるのではないでしょうか?

 標記のとおり、まことに時宜を得た平野貞夫さんの講演会があります。是非、お時間をつくりお出掛けください。



 演 題:日本の危機と共謀罪
 講 師:平野 貞夫
 期 日:5月14日 14:00〜16:00
 場 所:越谷市中央市民会館 第5・6会議室
 会 費:無 料
 主 催:東埼玉百人委員会・FB憲法九条の会


[ここに地図が表示されます]
































posted by toshi at 12:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: