2017年11月20日

十割蕎麦の味


DSC_0362.JPG


 国指定重要文化財「千古の家」(坪川家)で頂いた十割蕎麦は旨かったです。たまたま一昨日の福井市は雨天でしたが、そんな中でもよくぞ訪ねる人がいたものです。案の定、女将はお休みにしようと仰っていました。

 私は某化学会社のオープンハウスのイベントに参加する目的で福井市に出掛けたのですが、その前に友人のI氏に声をかけておいた為、I氏の配慮で「千古の家」を案内して頂いたため訪問することが出来たのです。

 千古の家の中を見学させてもらいました。茅葺屋根の中は、先ず灯りというものが無かった時代の建物のため、どっしりとして煙で黒くなった木組みを想像(屋根裏は暗くて見えない)しながら、往時を想像しました。奥には荘厳な感じの仏間も見えました。戸が開いているため外気温と同じで燃えている囲炉裏の薪から伝わってくる熱が心地よく感じたくらいです。

 入り口のお店に戻り、私たちは蕎麦を頂きました。暫くすると何やら騒がしくなってきました。見学者が10人程、見学に来てくれました。先ほどまでは、なんとなく雨天で客は来ないだろうと寂しく仰っていた美人女将の顔が少し明るくなりました。

 山里深い場所にある「千古の家」で暮らすことは自然豊かで羨ましいところもありますが、そんなに生易しいものではなく厳しいものでしょう。自分の子供時代のことを想像するだけでも分かりますが、久しぶりに往時を思い出させてもらいましたし、大変よい経験が出来ました。

 お店の中には温もりがあり、十割蕎麦の味も良く、デザートの柿も美味かったです。また訪ねてみたい場所となりました。


DSC_0361.JPG

DSC_0353.JPG

DSC_0356.JPG

DSC_0357.JPG












posted by toshi at 10:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

満月まつり in 見沼(12/10)


 今年も残すところ、1か月半となりました。暮れの満月まつりの案内が届きましたので転載いたします。

第14回 満月まつり in 見沼 チラシ表(2017.12.10).jpg

第14回 満月まつり in 見沼 チラシ裏(2017.12.10).jpg


  また加計学園問題が解決を見ずにズルズルと認可され、問題視したことが間違いだったことにされてしまうのでしょうか? これでは政治が信頼されないばかりか暗黒政治に陥ってしまいます。 それぞれの持場で正義が貫けないことが不思議です。 簡単なことを態々複雑にして、誤魔化して逃げ切ることを許してはなりません。 今年は忖度という言葉がよく出て来ました。 良い意味で忖度は必要ですが、事政治に関しては、ましてや補助金事業に関しては厳正でなければなりません。

 渡邉良明さんのブログに加計学園のことがアップされていました。
このような関係を知ると圧力は無くとも官僚が忖度してしまうのでしょうか?

【いつか見た光景】
http://yoshiaki-watanabe.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-c184.html 





















posted by toshi at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

どうでもいいことを垂れ流すマスコミ


 本日、届いたメール記事を紹介いたします。記事を読むと耳が痛い人が多いかもしれませんが、それが現実だと思いますので転載します。この記事は誰彼が悪いと言う積もりではないと思います。むしろ仕掛けとしてテレビは悪用されてきたのかもしれません。支配しやすい道具だったということでしょう。

 ただ、それを活かすのはカネであり、スポンサーであり、資本家であることは間違いありません。テレビ、ラジオも資本家が握っていることを考えると自ずとわかってきます。例えれば、魚を獲る投網がテレビです。伝えること、報道(つまり洗脳)する道具なのです。ですから〇〇テレビ放送網なのです。網(ネット)なのです。一網打尽とはよく言ったものです。

 わかっていても騙されるのでは、救いようがありません。

(転載)
 ◎◎ 様
「マッカーサーが、『日本人をまとわりつくアホウドリ』と評していた」。その「マッカーサー辞めないで」沿道に数10万人が群れて見送った。マッカーサー行かないでと涙を流していた人も多くいた。

 トランプ大統領は、東南アジア歴訪で日本を重視していたのではない。兵器を売り込むことと、ゴルフすることと、安倍晋三首相「トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が設立に関わった、女性起業家を支援する基金への5000万ドル(約57億円)」を拠出し、おべんちゃらをいうことだった。

 トランプ大統領が安倍を信頼しているわけではない。ゴルフ場で転んだとか、どうでもいいことばかりだった。トランプ騒動で大騒ぎしたテレビとテレビ経営者は、見事に安倍に嵌められた。安倍に嵌められたというより、テレビ経営者たちの知的レベルの低さを、まざまざ見せつけられた。トランプは世界一の武器商人の「武器押し売り行脚」ということでしかありません。

 本当にバカげています。着ている物がどうだとか料理がどうだとか、日本人はミーハーな事ばかり言っていましたが、イバンカ氏への57億円という「お土産」について問い質す人は、
コメンテイターの中で触れた人は居たでしょうか。おべんちゃらしか言わない。そんなコメンテイターを尊敬しているバカな日本人が多い。

 毎日の日本の民営テレビは、見ない様にしている。「バカ笑い、食べることと、食べ歩き。」
一億総白痴化の道具。権力者にとってこんな都合のよい洗脳の道具はない。おべんちゃらしか言わない。まともなコメンティターがいるだろうか。△本が、気に入らないというので、オウム真理教を追及した元神奈川新聞の記者だった江〇紹子さんは、コメンテイターを引きずり降ろされた。

 「喝」は、大沢さんがいた時よりとげとげしくなり観る気はなくなった。まともな人が引きずりおろされ、まともでない人がコメンティターに残っていく。江〇紹子さんを引きずり下ろしたのが△本だった。飲み食い、馬鹿笑い、そして人間の頭をマヒさせていく。

 CNNをもっぱら見ている。安倍は全くトランプにとっては重要ではなく、一番は、中国習近平との対話が、アジア歴訪の最大の目的。最重要会談と言っていた。安倍は刺身のつまにもならなかった。安倍はすべて意見が一致している。話し合うことはないとも言っていた。
 △△ 















               
posted by toshi at 15:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする