2018年07月18日

バリカンアート

DSC_2621.JPG


今日は珍しいヘアスタイルの女性に出逢いました。赤羽駅から新宿湘南ラインの電車に乗車してきた母子二人連れ(よく似た二人)でしたが、座席が満席だったのでドア付近に立っていました。何気なく振り向くと若いほうの御嬢さんと思われる人のネックあたりが島模様に見えました。気になったので何度も目を凝らして見てしまいました。やはり何か施している・・・。

ヘアスタイルは、所謂おかっぱのようなのだが、ネック部分が珍しいタイプです。声をかけて訊ねてみようと思いましたが、車内ではガタガタコトコトと音が騒がしいので、暫く待つことにしました。しかし確かめたい気持ちが治まりません。一体何処に行く途中なのでしょう。スーツケースを持ち、旅行にでも行く途中なのでしょうか? 思いを巡らしていたところ、新宿駅で下車しました。私も新宿で乗り換えるために下車し、エスカレーターに乗りました。

すると二人が一人挟んで前方におりました。そこでエスカレーターを降りたところで話しかけました。お姉さん! お姉さん! あなたのヘアスタイルはなんと言うのですか、写真を撮らせてくださいな、とお願いしました。すると、母子が、はっはっはと笑いながら、いいですよと即座にOKが貰えたので早速スマホで撮らせて頂きました。

よく見ると綺麗に染めてあります。しかも柄が鮮やかです。ヘアが銀色がかり、ネックが銀色と黒になって、浮き出ており、かなり芸術的な仕上がりでした。で、このヘアスタイルをなんというのか再度訊ねたところ、バリカンアートと教えてもらいました。確かにネック部分は、バリカンで刈り上げたように見えます。だが昔経験している坊主頭のバリカン仕上げではありません。より綺麗に、よりお洒落になっています。

そのために気づいたのですから。ということで、声をかけて良かったです。気になっていても勝手に盗み撮りは出来ませんし、ましてや車内で声をかけては、変人扱いでもされては堪りません。で新宿駅通路に上がったところで声をかけたのが正解でした。そこで写真を撮らせてもらったので、バリカンアートの題名でブログにアップして置きますねと礼を言って別れました。どちらに行くのかを聞き忘れてしまいましたが、安全で楽しい旅をして頂きたいと思います。


















posted by toshi at 22:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

東経大の中吊り広告


 15日、吉祥寺から乗った電車内で “ゼミする東経大” の中吊り広告に目が止まった。この広告には、ゼミ生一同が訴えたい重要なことが遠慮気味に小さな文字で書かれていました。遠慮せず大きな文字で書いてほしいと思いました。

 このような正しいメッセージはもっと広く拡散してもらいたいものです。サラリーマンに、是非とも読んで頂きたいので転写いたします。


現代法学部 高平奇恵准教授 
刑事訴訟法の運用を改善するため被疑者の取調べを「録音・録画」すること。虚偽の自白やえん罪が減ることを期待します。
(ゼミ生一同)


 (中吊り広告)
DSC_2588.JPG


 無辜の民が冤罪により有罪にされることがないよう、司法関係者にも気づいて頂きたいものです。だいぶ前には取り調べの可視化を訴える運動がありましたが、一部可視化で終わってしまったようです。

 権力側の都合のよい場面で可視化するだけでは冤罪は無くならないでしょうに。モリカケ疑惑が晴れないままに既得権益層に牛耳らせたまま、ある意味で無法状態の放置国家は続きます。

 これは先進国として大変恥ずべきことではないでしょうか?
法律を正しく運用し正々堂々と法治国家の官僚として行動して頂きたいものです。


























posted by toshi at 10:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

汐見の家(古民家ゲストハウス)


 昨日の上映会後の懇親会でお遭いしたNさんから頂いた古民家ゲストハウスの案内を貼り付けます。社会の在り方が変わりつつあり、少子高齢化を心配する現代ですが、このように空家をシャアするにはもってこいの使い方かもしれません。映画トランスマンツア・ツアーが教えてくれた生き方と同期していると思いました。

 興味のある方は是非、ご検討ください。なお西日本は、この度、大雨により甚大な被害を被り、多くの死者が出てしまいました。被災された方々にはお見舞い申し上げます。また亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 Nさんは仰っていました。“しまなみ海道”を渡ると本当に多くの島々があるんですよ。その中の小さな佐島に“汐見の家”はあります。まだ佐島が載っていない地図もあるとか。私は、いつかのんびりと訪ねたい場所に取っておきます。
(ホームページ:www.shiomihouse.com)



汐見の家(古民家ゲストハウス)西村暢子様-001.jpg

汐見の家(古民家ゲストハウス)西村暢子様-002.jpg




















posted by toshi at 11:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする