2017年08月12日

今日の見出し記事から


 今朝の読売新聞一面に出ていた記事です。
伊公使夫人 開国期の旅
「シタニイロ!」 ■美しい田園

 さらにPAC3移動開始 広島などに の見出しが気になった。勿論、最大注目の記事は、米大統領 北に再び警告 の
文字が躍っていることだ。
 そして「準備は万全」の文字も気になった。
 
 これまで北の核開発を止めさせようと六か国協議を繰り返してきたが、その六か国協議も成功には至らなかった。結果、北朝鮮は米国、中国の出方を見越しているように、我が道の独自路線を貫いて、核開発を止めようとしていない。このことが極東アジアが危険水域に入ってきたのではないかと危惧する所以である。

 北に対して、強制的に制裁を課したりしているばかりだと、反って北は剥きになり、自暴自棄になってしまうのではなかろうか? 
 しかし下段に小さな記事を見つけました。米国防長官は「外交重視」の記事です。

 これらの記事を比較してみると面白い。明治初期の日本の姿と北を同列視させようとしているのではないかと想像してしまいます。確かに、それもありだ!・・・と思うのですが、何とも国防長官の「外交重視」の文字を入れることでアリバイ作りなのではないか?・・・とさえ感じます。それに万一に備えて「準備は万全」という、頼りがいのある体制なんだということ。国家とは、政治とは、このように国民を守るため強制力を持って、準備しているのだというメッセージ性は十分にあります。

 明治初期の日本の状況が、今の北、だから私たちの国家のように変わってほしい。先進国の言うことを聞いて、仲間になれ、そんなメッセージなのでしょう。それに対して、北は主権国家を認めろ、それを主張し困難な状況だが金体制を死守することに拘っているのだと思うのです。

 一方、ウィキペディアによれば、1994年10月に米国と北朝鮮の間に米朝枠組み合意が成立して以来、2002年10月に、ジェイムズ・ケリー米国務次官補が北朝鮮を訪問し、ケリーが高濃縮ウラン(HEU)計画への懸念を示したところ、姜錫柱外務次官が計画の存在を認めたとあるし、その後、2003年4月には三者協議を行っているし、2003年8月には六か国協議を行っています。

 さらに2004年2月、6月、2005年7月、11月、2006年12月、2007年2月、3月にも六か国協議が行われていますが解決には至っていないのだ。これ以降、北は独自開発を止めずに来て、今になって、このように戦争もありかという危機な状態になっている。

 このように、六か国の何れもが平和維持のために必要なものは、軍事力だという点では一致しているのは間違いありません。このような状態が続く限りにおいては、北だけに核開発を止めさせるということには無理があるように思います。

 強大な核保有国が自ら核兵器を削減することもなく、掛け声だけの状態で小国を封じ込めようとするのは、理に適わないのではないでしょうか?
 マスコミは平和の持続を目指した記事作りをすべきですし、国民の不安を煽り、戦争を煽ることは止めて頂きたいと思います。その点からすると、今日の見出し記事は一方的な感じが見え見えです。

 一方、4面には政治離れを止めるための処方箋? のような記事もありました。
「有権者との関係 再構築を」  という一橋大学教授の中北浩爾さんの記事です。どのような制度も行きづまるものです。
時々に代える必要が生じることを教えてくれます。

 これは選良となった政治家だけに任せっぱなしにせず、日頃から市民の声を届け、政治家を育てるという考え方が必要だと仰っています。これには異論はありませんが、これに加えて、既得権益化した頃に、上手く腐った保守から抜け出すための処方箋が必要だと思います。


イタリア公使夫人 開国期の旅(読売新聞朝刊 2017.08.12)-001.jpg

イタリア公使夫人 開国期の旅(読売新聞朝刊 2017.08.12)-002.jpg

有権者との関係 再構築を(読売新聞朝刊 2017.08.12).jpg





























posted by toshi at 13:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

繰り返すほど駄目な者が選ばれてしまう選挙!?


とても気に入っている店があります。国分寺の集会後の二次会で訪れる“百干”という日本料理の店です。私が注文するのは、大概、焼き魚定食或いは煮魚定食ですが、たまには、気張ってグラスビールを飲んでいます。昨日は、二次会の話も弾んでいました。

私は午後1時までには間に合わず、午後5時少し前に会場に着きました。会場には、いつも全10数人が静かにMさんのお話に聞き入っているのが常でした。そのためドアの明け閉めに気を使い足音を立てないよう注意しながら入室したのです。

すると案の定、Mさんは、いつものように淡々と持論を展開していました。しかし、何度か通っていても自分で読み解くことは、かなりの難しい事なのです。お話を聞いていると成る程とは思うのですが、解析には時間もかかり、平凡な頭では無理なことです。

洗脳という文字通り、感化された頭では四方八方から核心に迫るのは難しいのです。習慣は恐ろしいものです。人間は習慣の動物ですから躾られたように思考し、また行動してしまいます。

それ故、この現実を知るMさんは、聴講する皆さんは常識を捨て、頭を空っぽにして、聞いてほしいと前置きしているのです。トイレ休憩を挟んで延々6時間もの講義を続けるのは大変なことです。だが、何としても伝えておきたいと頑張っているのです。

このような方の存在が、今の日本には欠かせないと思っていますので、今後も時間の許す限り、聴講したいと考えています。自分の感覚を大事にすれば分かるであろう現実を見る目が劣化していることを実感しつつも楽しんでいます。

写真は、“百干” で時々注文する“焼き魚定食”です。

DSC_7045.JPG


昨日は初めてお会いしたFさん、時々お顔を拝見したことのあるMさん、更に自称、お坊さんと仰る方にもお会いしましたが、皆さん夫々お話が上手い方です。この世は知らないことだらけだと実感いたします。“覚えろ、従え” の教育から、“考えろ、行動しろ” の社会に変えて行かなければなりません。

黙っていては、何も変わりませんし、益々苦しくなっていくばかりでしょう。いま政治が混乱を超えて無機能状態にあります。どうしてこのように駄目な方向になっていくのでしょう? 基本的に、国民の福祉を考えていないことに原因があるのかも知れませんが、昨日、大変印象に残った言葉があります。一二三神示(ひふみふで)の中に書かれているというのです。それは選挙を繰り返せば繰り返すほど駄目な者が選ばれてしまうというのです。

ポピュリズムが間違った方向に進めてしまうのでしょう。政治家、官僚、国民、この三者が、それぞれに相手を思い、社会を正しくリードする気概を持っていれば、正しい方向に行くかも知れませんが、外部の意思で動かされた裏切り者がいる限り、混乱が混乱を産み、社会は悪循環を繰り返して行くのではないでしょうか?

もういい加減にしてほしいというのが本音です。







posted by toshi at 22:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

“のびのび未来の会” 発進!!


“のびのび未来の会” 主催で意見を持ち寄って、交換するセミナーを一昨日、開催しました。普段このようなセミナーを開催しても参加する人が少ないのが常でしたから、一昨日は雨天にも関わらず、新規聴講者が4人も参加して頂けたので合計12人となり、まあまあの会となりました。

“のびのび未来の会”は、下は50代から、上は80代までを対象とした高齢者の自立支援、健康維持のための勉強会、食事を共にする会を初め、PC、スマホ、タブレット等の電子媒体の操作、インターネットの実演会を通じて、生活の質の向上を目指し、以って、健康で豊かで人間らしく誇りをもって暮らすことを目的に、昨年の8月に作った会なのですが、殆んど出かけてばかりいましたので、地元で実際にセミナーを開催したのは、一昨日が初めてなのです。

 実際にお声掛けしたのは、これまで知り合った方が多く、また午後一番からの時間設定でありましたため、来ていただいた方も旧知の方は8人ほどでした。遠くは川崎から、渋谷から、都内から駆け付けてくれました。ですから安心してアットランダムでしたが、お話することが出来ました。半分は冗談交じりに伝えたつもりですが、うまく伝わったかどうか心配でしたが、核心部分は、この道の先輩に代わって頂き懇切丁寧にお話をして頂きましたので、伝わったものと思います。

 そしてセミナーが終わった後には、近くの静かなカフェにて、アフターを楽しみました。正規のセミナーでは伝えきれないことも時間をかけて、ゆっくりと情報交換ができましたし、初参加の方は、このアフターでしっかりと学んで頂きたいと思います。新聞、テレビ、ネットを見て、自己判断するのも結構ですが、確かな情報を得るには、このような学び合いの場が必要ではないでしょうか。アフター会場で話が弾んでいる場面を見ていて、そのように感じましたので、また是非セミナーを開催したいと思っているところです。


 (会場となった会議室のあるビル)
DSC_7035.JPG













posted by toshi at 15:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする