2017年05月10日

インフラ・ビルダー株式ファンド募集広告が


DSC_6565.JPG


昨日、証券会社の店舗前を通ったときに黄色いヘルメットが目についた。そこには工事現場に良く見るタワークレーンや聳え立つビルのイラストもあり、米国イルフラ・ビルダー株式ファンドと大きな文字で書かれていた。

そこで先般、安倍首相がトランプ大統領との首脳会談の時、トランプ大統領がアメリカファーストを主張し内需、特にイルフラ整備を強く進めていることに間髪を入れず、日本が米国のインフラ投資を支援すると約束していた記事を読んでいたことを思い出した。

否、投資を強要されたのかも知れないのですが真相は明らかではありませんので、これ以上のことはわかりません。しかし安倍首相が帰国後に、早速GPIFの資金を株式市場に投入する割合を増やすことを決定したり、社会保障関係費の削減や年金支給額の削減と国民への福祉を減らし、東日本大震災後の復旧も儘ならない今、何故米国にと思うのですが、これは日本が独立国家ではなく、属国だからと考えると納得できてしまうのです。

本当に残念なことですが、フランス大統領選挙、韓国大統領選挙結果を見るまでもなく、政権交代の大事さがよくわかります。

民主主義国ならば既得権で腐敗政治が蔓延る前に政権交代を実現しなくてはなりません。優しすぎて心が砕けないように、政治が国民の夢を実現すべきではないでしょうか。国家の主要な役割には、国民の財産権と人権保障は勿論ですが、国民に夢が持てる社会にすることもありではないでしょうか。



















posted by toshi at 11:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

小山清二が語る“仏身聖心先生”


 2014年7月13日に便りを頂いて以来、連絡が付かずにおりましたが、You tube 動画で久しぶりに小山清二氏の姿を拝見しました。

 彼特有の語り口を味わうことが出来ましたし、また元気にご活躍のようで安心いたしました。

 彼の講話から火付身神示(ひふみふで)のことを聞いたことも懐かしいことです。

CIMG0993.JPG

CIMG0990.JPG


 50分弱の動画ですが、ご興味のある方は、是非ご覧ください。



 仏身聖心先生を語る1の1 小山清二
























posted by toshi at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

5・21(日) 砂川闘争の現地を歩く2017


「土地に杭は打たれても 心に杭は打たれない!」 昨年は、このツアーに参加しました。砂川学習館を出て、阿豆佐味天神社を始め各所を巡って行くと、途中から急に天候が変わり、暴風そして小雨に遭い団結小屋跡で休んだ記憶があります。また返還された基地内の青木さんの畑を見学する頃には、ゲートを開けることも儘ならないほど強風に煽られ、特に閉めることに難渋しました。

その「砂川闘争の現地を歩く会」が、またやって来ました。今度は天候に恵まれて、大勢の方が参加されることを期待します。

IMG_20170430_163555.JPGIMG_20170430_163613.JPG


既に沖縄辺野古の豊かな海は破壊されようとしています。一方現在、北朝鮮がミサイルを打ち上げた‼ 米空母カールビンソンが日本海に向かったと、政府は全国都道府県危機管理の担当者を集めて、避難訓練を指示したとかいうニュースがありましたが、本当に核兵器でやられた時に役立つ核シェルターもなく、どうやって身を守れるのでしょうか?

さらに危機管理が大事な事だと煽っておきながら稲田防衛大臣が、この連休中に外遊とは矛盾も甚だしいことだと思います。これまでのことをよく考えてみるといい。安倍政権となってから、物事は確かに数の力でスムーズ進めてはいますが、公約とは真逆な政策を実行しているだけです。これを批判すべきマスコミは期待できない存在だし、また野党は数が足りずに、声を荒げても効果は乏しい現実です。

このように真の民主主義が実現されないままの日本は、一帯全体国家の体を成していると言えるのでしょうか? 国民の財産と生命を守る憲法を蔑ろにする政権が長く続くのは、国民にとって本当に迷惑なものです。国会議員には党派を超えて、確りと現実に向き合って頂いたいものです。

皮肉にも、この砂川闘争が終わってから本土の基地拡張は無理と踏んで、現在の沖縄を苦しめる結果となっていることも知りました。なんという不条理なことなのでしょうか? そのためだけではないのでしょうが、沖縄に連帯する○○会という言い方の集会が多い気がします。

政府の暴走を止めるには、全国民の連帯が必要です。勿論選挙は言うまでもありません。最後は金目でしょうと弱いもの虐めをやる政府には退場して頂きたいものです。

http://sunagawaheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-89.html












posted by toshi at 16:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする