2017年04月09日

故人を偲ぶ食事会のひとこま


昨日は昼食会に参加しました。まる3年3カ月経ったN先輩を偲びながら、昼食を共にいたしました。N先輩は母校の教授として、頼まれたことは何でも気さくに、かつ嫌がらずに受けて、しかも上手く処理する能力に長けていたということを参加者の皆さんのお話を聞いて改めて知ることができました。

私とNさんとは、一度目は新入生を迎えた5月の末に開催されるウォークラリーで、ご一緒したことと、二度目は小金井公園の桜の見物とNさんが設計を手掛けた小金井市立体育館を見学した2回と、新年会で顔を合わせることぐらいでした。ですから僅かの出会いなのですが、印象深い記憶としては丁寧な説明をしてくれたことと、大上段に構えない優しい心遣いのできる人柄を思い出します。

皆さんのお話から、Nさんの人柄がはっきりして来ました。絵が上手で設計も懇切丁寧に町の期待に応えるプランを提案してきていたといいます。また専建築門書も手掛け、趣味を超えたプロ並みの陶芸もやり、さらに付属の沖縄文化研究所にも所属して研究活動もしていたと言いますし、陰口をいう方ではなかったそうです。また夫人のお話でも夜は遅くに帰っても、奥様手作りの食事も摂り、夫婦の絆を大切にしてくれていたのではないかと仰っていましたので、一体何処で疲労を癒していたのだろうかと思います。

そんなこんなのストレスが溜まってしまい倒れてしまったのでしょうか? 日本民俗建築学会の仲間たちが、頼りすぎたからでしょうかね・・・と言って、参加者のひとりKさんは、かつての同僚を偲び懐かしんでいました。このように其々が思い出を語り、故人を偲び酒を和やかに酌み交わしていると、いつの間にか2時間が過ぎてしまいました。

Pさんが、Nさんのことを母校のレオナルド・ダ・ビンチだと仰っていたのが印象的です。N先輩は、みなさんが強く引かれる何かを持っていたのは間違いありません。

二次会でも御茶をしながら、あれやこれや実は、何々という真しやかなお話もあり、楽しい土曜日となりました。この様子を天国でNさんは、どのように見ていたことでしょう! 何れにしても安らかにと祈るばかりです・・・。

会場を出て、さらに上階に行くと見晴らしのよいフレンチ・イタリアンのお店がありました。下界を眺めるに都合のよい場所だったので、店内から見せて貰いました。

窓越しの先には、代々木の体育館が見えます。


DSC_6497.JPG

DSC_6498.JPG


また店内の様子も素晴らしいものでした。夜の賑わいは、さぞかしでしょう!

DSC_6500.JPG













posted by toshi at 23:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

4/23&5/4 山城博治さん来たる!


長期間の拘留から保釈され元気な姿で辺野古に戻った山城博治さんが、4月23日と5月4日に東京に来ます。詳細はチラシをご覧下さい。なお辺野古新基地建設及び高江のヘリパッド建設に反対するのは地域住民の当然の権利です。

また過去数回に渡る名護市長選挙、沖縄県知事選挙においては何れも反対派が勝利しました。その選挙で基地建設推進派と容認派は、現与党の自民党と公明党であり、懸命に民意を問うと訴えていたはずです。

しかし選挙に敗北した途端に基地建設には、一部の地域の民意など関係ないというばかりに基地建設を強行すると公言して、強引に進めています。これでは独裁国家としか言いようがありません。堂々と選挙を戦って負けたのです。ならば潔く数年、少なくとも数ヶ月位は民意を尊重するだけの自粛があってしかるべきなのです。

だが、それをしている余裕さえ無かったのでしょう。と言うことは基地建設への圧力があったのでしょうか? でなければ、ここまで強引に遣るはずがないと思います。そう考えると安倍政権の裏には抵抗しきれない程の圧力が働いていたのか、或いは某権力にソンタクして、自ら真の権力者が考える方向に舵を切っているのではなかろうか。

何れにしても、この不条理な状態を沖縄県並びに地元名護市を挙げて抵抗するには、山城博治さんのリーダーシップは欠かせない存在です。とにもかくにも山城さんが元気に復帰できて良かったです。

この辺野古と高江の問題は、私たちの民主主義の理解の程度を表していますし、このまま権力の横暴を許してしまえば、民主主義を手放した事になり、政府が基地建設を中止すれば民主主義は辛うじて生きていることになるでしょう。

どちらにしても私たち有権者国民の責任になることは間違いありません。


(チラシ:大木晴子のページ〜明日も晴れ〜より)
img8dfcf5488a905618366a7.jpg



















posted by toshi at 22:53| 埼玉 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

新自由主義 ⇒ アベノミクス!?


 この3日、4日と今治市と松山市の一部を訪ねました。「地方創生」という名のとおり、地方が豊かになってくれればいいのですが、東京一極集中を、ある程度制限しなければ地方を再生するのは容易なことではないことが、写真を見ていただければよくわかると思います。

(今治市内 銀座通り商店街)
DSC_6455.JPGDSC_6456.JPG


 ウィークデーの昼間とはいえ、人っ子一人いないような印象を持ちました。勿論、夜中にも訪れたのですが、通りの人数は僅かに数えるほどしかおりませんでした。勿論、昼間見たシャッターは、そのまま締まっていました。

 同行した北陸地方出身のTさん曰く、今治市はまだ良い方ですよ! うちの町はもっと閑散としていますよ・・・と。首都圏の田舎住まいの者にとっては、ずいぶんと少ない人口だと思いますが、これで暮らしが成り立って行くのなら結構ではないかと何とも不思議に感じました。

 ただ現在、超高齢化社会に突進していく日本は、首都東京と僅かに地方の拠点地域だけが賑わいを見せておりますが、他の地方都市は今治市内と大同小異なのではないでしょうか?

 政府が掛け声高く地方創生ということも分かりますが、どんなに檄を飛ばしたとしても、地方には活力がなく衰退していくばかりに見えます。魅力が薄れてしまった都市を再生させるのは容易なことではありません。

 これらの原因を作ったのは、政府が自ら、これまでの社会民主主義的政策を棄て、新自由主義を取り入れた結果なのです。いや寧ろ新自由主義を取り入れさせられた結果と言った方が正しいのかもしれません。いずれにしても新自由主義の結果なのです。

 安倍自民党政権になってからというもの アベノミクス “3本の矢”
「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」。この一つ、異次元金融緩和という名で緩やかなインフレを目指してはいたのでしょうが、実際には株高だけが狙いだった? そのため外資の大株主に儲けを与える政策だったのではと言われています。このように結果は明らかに国民を犠牲にした政策だったのです。

 お金を流す方向が重要なのです。政府は知っているはずなのですが、知らない振りをしながら、故意に金持ち優遇政策を実行したのでしょうか? その結果、国民にあまねく行き渡るように政策を実施せず、反対に国民に付けを払わせる政策を実行していたのです。このように今、安倍政権は売国政策を続けているのではないかと考えざるを得ません。

 政府は毎年、3月末には次年度の予算を国会承認を受けますが、予算がつくから政治が実行できるのであって、アベノミクスで方針を立てたのならば、民生に関連する政策に使えば良かったのです。

 それをせず、膨大な資金を株式市場に投入させる政策を実行に移しました。結果は見え見えだったのですが、ですから、閑散としたシャッター通りは、政策通りだったということにもなります。

 大店法廃止、金融ビッグバン、年功序列賃金を無視した能力給採用、日本的経営の見直し、労働規制の緩和色々な言葉が紙面を賑わせていました。その結果、見事に地方を衰退させました。これを売国政治と言わずに何と言うのでしょうか?

 
(造船の町 今治)
DSC_6464.JPG

(宇和島鯛めし)
DSC_6482.JPG

(ジャコうどん)
DSC_6426.JPG

(今治市民憲章)
DSC_6435.JPG

(今治市役所)
DSC_6459.JPG




























posted by toshi at 14:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

名ばかりの“地方創生”


初めて松山空港に来ました。さらに四国を訪ねたのが高校生の時に来た香川県の栗林公園を見学した時、そして数年前に高知市で開催された“違憲国会の葬式”に来て以来、三度目にして、漸く愛媛県の地に来れたのです。

今日は松山空港から予讃線の“しおかぜ18号”に乗車しましたが、左側座席を取ったことが幸いしました。海無し県の住人にとっては、海は大変魅力的に感じるものです。東京湾の海とは異なり、まったく青の色が違います。しかも今日は晴天であり、海面がキラキラと輝いておりましたので眩しいくらいでした。


DSC_6428.JPG


何故、今日松山に来たかといえば、フリージャーナリストのTさんのお供できたので半ば行楽を決め込んで来たのです。また天気も良かったことと、お供の気楽さでTさんの行く先々、一緒に付き合って楽しいお思いをしました。

今、森友学園が騒がれていますが、素人目には、どちらが仕掛けたものかと白黒つけて貰いたいと野次馬根性で興味津々眺めていますが、私たちに直接の損害が見えないために他人事としてしか映らないのかも知れません。

ですから、縦割りの弊害があってもお役人が毅然とした態度を貫いて貰いたいのですが、これがまた無理なのです。政治家の圧力があれば聞き入れなければならないとソンタクしてしまうものです。力がある代議士に言われれば尚更です。

ここに公務員の弱味があります。こんな社会の仕組みでは、しがらみの無い世界をとどんなに望んでいても、全くしがらみの無いことが実際には不可能では無いでしょうか?・・・と疑問を感じてしまいます。そして今まで自分のやって来たことを考えても、しがらみが無かったのかと言えば、完全にゼロだったとは言い難い現実もあります。

しかし、Tさんの見方は、ある意味で一般人のそれとは切り口が違いました。常に疑問を投げ掛けて、それに至った原因(時、意思決定に至ったタイミング等)を聞き出そうとします。ある事業主体 ➡ 行政の方針 ➡ 国(政府) ➡ 事業主体、これらに時間軸を加えて、この一連の循環の中の何かが不自然だと気付くのです。

ここで一連の流れの出発点は、一体何処にあるのか、それが問題ですが現実には予算を持っているのは政府、行政なのであります。補助金というものがあるために、その分配を仕切っている部門が強大な権限を持っていることは誰にでもわかる通りです。

一方、一つ一つの流れを都度聞いている当事者には、それは○○事業に必要だと物事を進めているためでしょうか何かが不自然だとか、おかしいとは気づかないのかも知れません。しかも其々の担当者は自分に与えられた仕事をやり遂げることが任務であり、この中で仕事を遣る以上は、疑問を投げ掛けている暇はないのでしょう。

この疑問を投げ掛ける役割は、当然、市民或いは選挙民から選ばれた代議士や県議、市議の皆さんなのでしょうが、その議員の皆さんが首長の計画立案に疑問も抱かず、同意ありきでは何をか況んやです。今日、お話を伺った範囲だけでも地方創生とは言うものの中身が全く伴っていないことがわかりました。



















posted by toshi at 23:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

シルバー・デモクラシー(寺島実郎著)


DSC_6392.JPG


 28日晩に横浜グランドコンチネンタルホテルで開催された“齋藤勁氏の叙勲受章を祝う会” で再会した森田実先生は元気を取り戻していました。森田先生の同士で元森田塾神奈川教室代表(現一般社団法人勁草塾代表理事)の齋藤勁さんの、このお祝いの会の発起人でもある森田先生の壇上に立ち挨拶する姿は、いつもと変わらず凛々しかった。

 また辛口政治評論で鳴らしてきたこともあり、自民公明連立政権による独裁政治を許しているのは、民進党がダラシナイからだと、党の立てなおしへの奮起を促していました。最近公明党をやや持ち上げているとの批判もありますが、それは真意ではないと私は想像いたします。

 政治というものは国民を飢えさせないために、国益を守るために、そして世界の平和を守るための政策を掲げて闘うものであり、有権者は、その政策を評価して一票を投じる。これが民主主義の基本である。しかし、これまでの現実の選挙ではマスコミ報道に踊らされ、タレントの人気投票のような選挙戦に攪乱されてきた。それがため真の民主的な選挙にはなっていなかった。そして今でもそうなってはいないと。このように森田先生は言いたいのではないかと私は思います。

 此処に参加していた民進党代表の蓮舫氏と同幹事長で元首相の野田佳彦氏は、この森田先生の意見をどのように聴いていたのでしょうか?

DSC_6386.JPGDSC_6383.JPG


 現在の政治を眺めていると民意を反映していないのは明らかではないですか。それほど選挙公約と真逆な政策を実行に移しているのです。何故でしょうか?

 これはもしや現実に何をやろうとしても敵が間近に居て、本心を表に出せないゆえの虚言だったとすれば、真実は裏にありと期待してもいいのですが、現実の政治が少しも良い方向に進まず、寧ろ悪い方向に進んでいるところを見せつけられていると、今の政権を信じる訳にはいきません。勿論、前政権の民主党と謂えども、鳩山・小沢政権が既得権益層から集中攻撃にあったときにも党員が団結せず、後の菅・野田政権は従来の従米政権に戻ってしまったのです。

 2009年8月の総選挙で政権交代したにも関わらず、民意が実現できないで終わってしまったのです。しかし今、安倍政権が従米路線を進めようにも米国の政策がこれまでとは異なるために迷走しています。いま日本が自立する最大のチャンスが到来しているのですが、隣国の中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアの脅威があると、未だに米国べったりの政策で行こうとしているように見えます。

 そして日本の防衛力を強化するためにという理由で自衛隊の予算を増やす。防衛力を強化するので米国製兵器を買う(買わされる)ことになります。軍事兵器はすべからく電子仕掛けであり、常にバージョンアップが付きものと言われています。また日米安全保障条約で米国が日本を護ると言われていますが、イザと言う時に本当に間に合うのでしょうか?

 軍事力が無ければ平和が守れないということも、一部は認めるにしても外交で平和を守る努力は続けねばなりません。それが無ければ各国に大使館を置く意味がありません。と駄文を綴っていますが、ルールを守るのは正直者と弱者であり、不正直者(悪人)と強者がルールを破っている社会を続けてはなりません。



(控室からベイブリッジを望む)
DSC_6377.JPG


 お土産に頂いた本、“シルバー・デモクラシー” のはじめに書かれていますが、私たち団塊世代の責任について、これからの日本の政治を考える上で非常に重要な立場にあるということです。戦後の荒廃した国土から高度経済成長へと向かう中を生きてきた世代です。考えようによっては苦労せず生きて来れた世代だと思います。

 その団塊世代が日本の将来の世代にも影響力を及ぼすのですから、是非、良い方向に及ぼしたいものです。私はお土産に頂いたものですから、早速読もうと思いますが、まだお読みでない方は、是非購入してお読み頂きたいと思います。


 「お土産に頂いた本:シルバー・デモクラシー(高級な栞付き)」
シルバーデモクラシー(寺島実郎).jpg







































posted by toshi at 12:48| 埼玉 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

第六感を感じた出会い!


 中学高等学校ブラスバンド会の定期演奏会に初めて出かけました。昨日の朝、ブラスバンド会OBの先輩から「本日です・・・」と再度のお知らせがあったので、別件予定がありましたが今回は、急遽こちらの演奏会に出掛けることにしました。

 ギリギリの時間に電車に乗ったことが災いしたのでしょうか、調布駅での乗換えをうっかり間違えてしまいました。演奏会場の“府中の森芸術劇場” の最寄りの駅は東府中駅で、その駅に行くには京王線の調布駅で乗り換えねばならなかったのです。

 しかし急ぐものではありませんね。同じホームの反対側に停車していた各駅停車の電車に乗ってしまったのです。多摩川鉄橋を渡っている時に此れは方向が違うのではないかと気づきました。

 なんと橋本駅行きの京王相模原線の電車に乗っていたのでした。
ですから方向は全く違ったのです。そこで京王よみうりランド駅で降り戻ることにしたのですが、当然開演時間には間に合いませんでした。

(京王よみうりランド駅で)
DSC_6325.JPG


(府中の森芸術劇場)
DSC_6326.JPG


 先輩にSMSで遅刻を知らせておいたので席は確保してもらったため、開演後でしたが中学生、高校生、そしてOB・OGの混成での演奏もあり、賑やかなブラスバンド演奏を十分に楽しむことが出来ました。


(演奏会のひとこま:昨日25日)
DSC_6327.JPG


 その後のOB・OG会の総会、懇親会にも先輩の誘いで参加しましたが、これが参加して本当に良かったと思うことがありました。人と人の繋がりを感じさせる場面があったのです。それは最近紹介された本との出会いに似ています。偶然と言えば偶然ですが、そうでもないことがあるのでは・・・と感じました。第六感とでも言うのでしょうか?

 詳細はご想像にお任せいたします。


(24日に届いた本 “病気をしない生き方” の表紙図柄 ○△□)
病気をしない生き方−食・想い・祈り−(伊藤慶二著).jpg


(京都 建仁寺の○△□の掛け軸:昨年11月13日)
CIMG1339.JPG

(京都 建仁寺の○△□の庭園:昨年11月13日)
CIMG1333.JPG


















posted by toshi at 12:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

政治を糺す「月刊日本」辻説法



 「月刊日本」主幹の南丘喜八郎氏が新橋駅西口広場で辻説法をする姿がフェイスブック動画で観れます。昨晩の雨の中での説法ですが、迫力ある声で伝えるものの通行人の耳には届いているのでしょうか? 立ち止まって聴いて聴く姿は殆んどありません。残念なことです。

 このように国民が政治に無関心でいる限り、遣りたい放題の憲法無視の政治が罷り通ってしまうのです。ですから、少しは関心をもって頂きたいと思います。

 これからも毎日繰り返し報道されるマスコミ報道だけを真に受けていると、すっかり騙される破目になるのは間違いありません。安倍首相とマスコミ幹部が寿司友になっているのもおかしな話です。それゆえ政府の広報機関に成り下がってしまっているのでしょう。それをズバリ教えてくれる南丘氏の真面な政治批判は、辻説法を聴いてもらえれば当然のことだと納得できるはずなのです。

 今、騒がれている森友学園の真相も明らかにしなければなりません。国有地を二束三文で売り払っても、その経過を書類に残していなかった? ふざけるな!・・・でしょう。そんなことが許されるはずはないのですが、このまま逃げとおせると思っている権力者どもは、知らぬ顔を装っています。国会ではこの際、徹底的に真相を厳しく糺して頂きたいと思います。

 その点「月刊日本」の応援は力強い味方になるはずです。
 日本政治を糺す「月刊日本」辻説法、此処にあり!
 「月刊日本」の皆さん、お疲れ様でした。

https://www.facebook.com/takahiko.tsubouchi/videos/1589250491102431/

























posted by toshi at 12:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする